カテゴリー別アーカイブ: キッチン用具

IHクッキングヒーター卓上レビュー!ステンレス鍋は磁石にくっつく?

yjimage

IH卓上ステンレスクッキングヒーターをレヴューしてみました。

 

 

 

また、ステンレス鍋は磁石にくっつくのか実験してみました。

 

 

スポンサーリンク
[ad#co-1]

 

 

 

 

IHクッキングヒーターのメリット

:熱が無駄にならない、エネルギ―効率抜群

 

IH卓上クッキングヒーターで調理した場合、

 

 

IHの直接磁場によってほぼすべての熱が調理容器に伝わります。

 

 

ガスまたは(ハロゲンを含む)従来のコンロでは、

 

 

ガスなどのエネルギーによって最初の熱を作り出し、

 

 

その熱のうちの何パーセントかが、調理容器に伝わり、

 

 

 

食べ物を加熱します。具体的には、IHクッキングヒーターの

 

 

熱誘導率が84%パーセントであるのに対して、ガス

 

 

または(ハロゲンを含む)従来のコンロの場合その熱誘導率は

 

 

40パーセント以下となっています。同じ電力の消費量でも

 

 

IHの方が倍以上の熱を食べ物に伝えることができてしまうのです。

 

 

 

IHのメリットその2:安全性が非常に高い

IHクッキングヒーターは熱を誘導する金属のみに

 

 

熱を直接伝えるため、非金属である紙幣や指などは

 

 

ヒーターを使用中でもヒーターの厚さを感じず、

 

 

 

予想外の火事ややけどを防ぐことができます。

 

 

この点で特に、家庭内に小さなお子さんがいる家庭

 

 

 

認知症を発症しているお年寄りがいる家庭などでは

 

 

その高い安全性からIHが非常に人気が高いです。

 

 

 

 

さらに、金属の指輪やブレスレットなどの金属のアクセサリー

 

 

に対しては、IHのセンサーがその体積の小ささから

 

 

 

「熱を伝えるべき調理機器ではない」と自動で感知し、

 

 

熱を伝えないようにするため、金属であっても小さな鍋ほどの

 

スポンサーリンク
[ad#co-1]

 

体積がないものが高温になることを未然に防いでくれます。

 

また、IHの場合ガスコンロ使用時に必ず発生する有毒の

 

 

 

一酸化炭素を発生することがなく、ガスコンロのようにこまめに

 

 

 

 

換気に気を付ける必要がありません。

 

 

 

また、ガスコンロに常に付きまとうガス管破裂などによる

 

 

 

ガス漏れの危険も一切ないという点で、

 

 

 

地震や洪水、津波、火災などの自然災害が起きた場合の

 

 

 

 

不測の事態の安全性の高さもIHクッキングヒーターならでは

 

 

 

だということができます。

 

★3使いやすさとインストールの適応性

 

 

IHクッキングヒーターは電気さえ通っている家庭であれば

 

 

簡単な工事でどの家庭でも設置することができます。

 

 

また、ガスコンロんと違い、ガス用のプロパンタンクを

 

 

収納しておくためのスペースは必要ないですし。

 

 

災害時など潜在的な危険となるプロパンガスタンクを

 

 

保有しなくていいというのは大きなメリットとなります。

 

★4清潔さと静けさ

 

ガスを燃焼すると、気化された副生成物を発生させますが、

 

 

最終的にはそれはどこかコンロ付近の表面上に凝縮して

 

 

かたまり。調理するたびにこまめに掃除しなければ

 

 

頑固な油汚れとしてガスコンロ付近に残ってしまいます。

 

 

が、IHの場合そういった心配がなく、さらに調理器具自体は

 

 

 

凹凸がなく平らなため福子ぼれなどがあっても

 

 

 

素早く拭き取るだけと掃除もかなり簡単です。

 

 

 

また、ガスを燃やすときに多少出るノイズも一切なく

 

 

 

静かに調理することができます。

☆IH唯一のデメリット

 

これまでIHのメリットだけを見てきて、一見パーフェクト

 

 

 

のように見えるIHですが、もちろんデメリットもあります。

 

 

 

それは、IH専用の特別な材質の調理器具でなければ熱が

 

 

 

電動せず、調理できないということ。

 

 

これまでガスコンロを愛用してきた人が使ってきた

 

 

 

フライパンや鍋などはIHでは使えないことがほとんです。

 

 

 

もちろんIH対応の調理器具は簡単に手に入りますが、

 

 

そういったいh対応の新しい器具を買うというコストが

 

 

 

かかってしまうというのがデメリットと言えます。

 

 

それでは次の話題について、ステンレス鍋は磁石にくっつくのか

 

 

という疑問ですが、結論から言うと、ステンレス鍋に配合されている

 

 

 

金属の種類の比率によって磁石にくっつくかくっつかないかが分かれます。

 

 

 

ステンレスというのは金や銀等とちがい自然の鉱物ではなく

 

 

いくつかのそういった自然鉱物を配合して人口的に作られた

 

 

 

金属であるため、一概にステンレスといっても磁石にくっつくもの

 

 

 

とくっつかないものに分かれるとのことです。
スポンサーリンク
[ad#co-1]

 

人気ステンレス鍋の焦げを鏡面の様に磨き上げる方法!ステンレス指輪でお風呂はOK?

f

人気のステンレス鍋の焦げつきをとって鏡面みたいに磨き上げる方法を紹介!

 

 

また、これまた人気のステンレス指輪でお風呂は大丈夫なのか?!

 

 

ステンレス指輪のメリットとデメリットを徹底検証してみました。

 

 

 

スポンサーリンク
[ad#co-1]

 

 

 

今大人気のステンレス鍋ですが、日常的に使っていると

 

 

どうしても避けて通れないのが錆や焦げ付き。

 

 

これを鏡面みたいにピカピカに磨き上げるおすすめの方法をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク
[ad#co-1]

 

ちなみに今回磨き上げる焦げ付いてしまったステンレス鍋のがぞうがこちら。

f
まず最初に用意するのがお酢です。

 

 

鍋底1センチほどになるまでお酢を注ぎ入れて中火で加熱します。

 

これだけでもちょっとした焦げ付きであればきれいに取り除くことができますが

 

 

 

それでも落ちない場合にはこの後さらに食器用洗剤と歯磨き粉

 

 

 

ベーキングソーダ(重曹)と少量のお湯をミックスさせたオリジナルクリーナー

 

 

 

をかけます。ここでポイントになるのが古くなり使わなくなったクレジットカード!

 

 

このクレジットカードをヘラのように使い、鍋底の頑固な焦げを

 

 

 

完全に落とすことができます。
この手順で綺麗にした後のステンレス鍋の画像がこちら!

s

 

鏡面のようにピカピカ!まるで新品のようになりました。

スポンサーリンク
[ad#co-1]

 

 

それでは次の話題について。ステンレス指輪でお風呂はOKなのかどうか!

 

 

結論から言うとステンレス指輪は耐久性が強くさびにくいので

 

 

 

つけたままプールや海、お風呂に入っても問題ありません。

 

 

 

ステンレス指輪の最大の特徴がその耐久性の高さです。

 

 

 

ステンレスに並び人気のある金や銀の指輪は、ステンレスと比べると

 

 

 

どちらも非常に容易に変色しやすく、汚れやゆがみも起きやすいです。

 

 

 

そのため金や銀は非常に慎重に扱われ、多くの場合定期的に研磨する必要があります。

 

 

そういったメンテナンスをせずとも清潔に長く身につけることができるという点で

 

 

 

日常的に着用する結婚指輪として選ばれることが多いです。

 

 

また、金や銀に比べて価格が比較的低めだというのも人気の秘密です。

 

★そもそもステンレス素材とは?★

 

 

ステンレスは、鉄、炭素、クロムの金属合金(混合物)です。明るく光を反射し、

 

 

 

耐久性が高く、STAIN -LESS(ステンーレス:さびない)という

 

 

名の通り非常に錆にくく、通常の金属に比べると非常に軽いです。

 

 

 

また、普通の金属よりも熱の伝導率が低くなっています。

 

 

 

  • 金の熱伝導率は310であり、銀が429であるが、ステンレス鋼のほとんどのタイプは、約16の熱伝導率を有します。

 

 

ステンレスはまた、引っかき傷、腐食や変色に耐性があり 通常約

 

 

50年間ほどは持つといわれています。これはまだ素晴らしいですね!

 

 
ステンレス指輪の長所と短所

 

 

高い耐久性や傷に対する耐性、腐食や変色に加えて、ステンレス鋼製リングはまた、

 

 

 

非常に手頃な価格です。これらのリングは、プラチナの外観を持っていますが、

 

 

それらは、チタンとタングステンリングと同等ほどの値段です。

 

 

 

ある程度安価で確かな耐久性のある結婚指輪やペアリングをお探しであれば

 

 

ステンレス製のリングは、品質に妥協することなく、低価格を提供してくれます。

 

 

ステンレスリングはまた、環境に優しいオプションです。ステンレス鋼の生産は

 

 

 

他の金属よりもはるかに少ない廃棄物やエネルギーを使用し、ステンレスは

 

 

 

100%リサイクル可能です。

 

 

★ステンレス製の結婚指輪の短所は?★

 

 

 

ステンレス指輪はサイズを変更または修復することはできません。

 

 

また、ステンレスは、塩素に対して非常に敏感であり、任意のステンレス製のリングは

 

 

プールなどに大量に含まれる塩素水で泳ぐ前に必ず外さなければなりません。

 

 

 

また、摩耗後はステンレスリングは元の磨きを失う可能性があります。

 

 

 

ただ、プロの特殊な用具と技術で磨けば、リングの元の光沢のある

 

 

輝きを復元することもできます。

 

スポンサーリンク
[ad#co-1]